オーダーエントリーシステムやマイクロバブルでハイテクな環境を構築

洗浄剤について

洗浄剤の見直し

洗浄

洗浄剤の一種として、バイオサークルというものがあります。洗浄剤というのは人体や環境に影響を及ぼすことがあります。特に洗浄剤に含まれるVOCと呼ばれる揮発性有機化合物には、これらの影響から規制物質とされています。バイオサークルは、このようなVOC規制物質を使用しておらず、作業者にやさしく、環境にも配慮していることが特徴となっています。バイオサークルの洗浄液は、液状寿命が長いことが多く、例えば、汚染の強い物質を投入した場合も高い洗浄効果を発揮するようです。また、通常発生する廃液を出さないような仕組みを持ち、廃液処分費用及び廃液の環境負担を抑えることが出来ます。バイオサークルの成分として、従来の石油関連製品を使用していないためこのような特徴を持っています。

洗浄液の安全性

前述したVOCが含まれる物質は数多くあって、その中には人の生活の身近にあるものも多いです。含まれている物質は酢酸エチルやトルエンなどの種類で、これらは身近なものであれば、ガソリンや洗剤などに含まれています。バイオサークルはこのような有機溶剤を成分に含まない溶剤です。洗浄時は、汚れの中の有機物系の物質はこのバイオサークルによって、生分解されるようになっています。生分解とは、微生物によって、分解されるということで、生分解性プラスチックが良く知られていますが、これと同様に分解されることになります。分解しますと、水と二酸化炭素になりますので、有機物は液体からは消去されることになります。