オーダーエントリーシステムやマイクロバブルでハイテクな環境を構築

領空域への侵入を防ぐ手段

上空偵察への有効な防止策

青い基板

近年、撮影が可能な無人多翼航空機『ドローン』の問題が多発しています。理由は、機体構造を簡易化して材質をPETに変更することで金額を抑えた種類が登場したことで、一般人でも入手することができ、爆発的に普及したことでしょう。結果、国の重要施設への浸入や重要な政への侵入が後を絶ちません。法律を追加検討していますが、一度普及したものは生産を中止する以外、抑制する手段はありません。そんな状況に、対策を打つことが出来るのはレーザーバリアシステムです。レーザーバリアシステムは設置場所から周囲にレーザー光をバリア状に放出します。もし、バリアを超えてくる場合は、検知し警告を行うシステムです。この利点は、バリア状の為領空域からの侵入も検出できることです。今後はドローン対策として、重要施設への設置が予測されるシステムです。

検出能力と汎用性の高さ

レーザーバリアシステムは周囲にバリアを張るイメージだが、その検出能力はとても高いです。例え時速60kmで侵入してきたものですら検出することが可能です。さらに、検出距離は最大で周囲80mは検出可能なところも検出能力の高さを示しています。検出時には警報を発信すると同時に、情報送信も可能です。この機能の使用方法は、設置した敷地の警備会社に情報送信できるようにしておいて、警報がなった際にすぐに駆けつけれるようにするのが一般的です。さらに、驚くべきところが汎用性の高さです。検出能力が高い場合、関係者がきた際にも反応する危険性があるのではと危惧すると思います。しかしレーザーバリアシステムは、レーザー光の出力調整が可能で、ワンタッチで切り替えることができます。敷地に入る際に、切り替えれば異常検出する危険性はありません。